« 沖縄報告_普天間Photo03 | Main | 沖縄報告_高森報告会 »

October 27, 2004

沖縄報告_普天間Photo04

small_248.jpg
先日の日曜日、私の住む地域の中心市の市長選挙がありました。新人若手の経済通が当選しました。選挙前に各候補者にインタビューしましたが、口を揃えて各候補、経済問題しか話しません。それも態勢のなかでどうするかでしかなく、地域としての主体的なヴィジョンは聞けませんでした。
宜野湾市の伊波洋一市長は全く対照的、国に対しても、米軍に対しても、市民の生命を守る立場を毅然と打ち出していました。昨年「普天間基地返還」を公約に立候補当選し、英文資料を携えて何回も米議会まで出向き交渉しています。民主制度の中で自治体が何をすべきかをきちんと理解されているかたでした。普天間の移転も「ハワイへ帰るべきだし、米側にはそれを受け入れる余地が充分ある」と言い切ってました。県内盥回しや本土移転など眼中にありません。
「市民のための市長」と「米国のための首相」がいる国、日本。貴方の自治体の首長はどうでしょうか? 広島秋葉市長や伊波市長を首相にすれば、この国にも民主主義が育つことでしょう。
-9月24日 Photo by M.Nakagawa

|

« 沖縄報告_普天間Photo03 | Main | 沖縄報告_高森報告会 »

Comments

【Kokkaiクラブ】のことを「Ball」へ書き始めてしまい、こっちはすっかりご無沙汰していました。
一月にお寄せいただいたのに全くきずかずごめんなさい。
 http://i-debut.org/ivalue/0000345/

で、そうなんですよね、みんな身の回りのことで精一杯です。もうひとつ踏み出してしまう自分の性分が恨めしいです(苦笑)
相変わらずの一匹狼なんで、残念ながら上記URLの方とは連携はしていません。
辺野古でも「国会審議を勉強しましょう」と沢山の方に声をかけましたが、当面の問題で精一杯のようでした。無理ないことです。それで帰ってから当面の問題に直面していない方に声を掛け捲りましたが、こんどはみなさん生活の問題に直面してらっしゃるようです。
そんなこんなのうちにどんどんこの社会、悪くなっていきますね。国立で話してころはまだずいぶん暢気なもんでした。
あのころ「そんなこと、心配しなくても大丈夫だよ」と言ってた人は、いまは「私たちの力ではどうしようもないことでしょ」と仰います。
イヤハヤナントモという気分で過ごしております。

Posted by: なかがわまさとし | April 27, 2005 at 02:09 AM

こんにちは
いつもメールありがとうございます。
沖縄の基地移転問題には関心はありますが、身の回りのことに精一杯で具体的な支援はできないでいます。
せめてHPで実情を知らせることくらいでしょうか。
http://plaza.rakuten.co.jp/msk222/7007
こちらの方などとも連携しておられるのでしょうか?

Posted by: いとう岬 | January 08, 2005 at 11:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48723/1786654

Listed below are links to weblogs that reference 沖縄報告_普天間Photo04:

» 辺野古崎を望むビーチ [イソップ通信]
名護から東回り北部行きのバスに乗って、 大浦湾に面した瀬嵩ってバス停で降りると、 すぐ近くに美しい風景のビーチがある。 沖縄には珍しい内地と同じ細かい砂で、 全体に海岸の風景そのものが内地に似ている。 砂地の遠浅でサーフィンもできる海岸だ。 古い沖縄の面影を残す穏やかな集落があって、 集落の裏道は舗装されない芝草が美しい。 その集落と国道を挟んでビーチがあり、 僕が訪れたときにもサーファーがいた。 だけどこの美しいビーチの対岸では、 また破壊兵器集団の基地が強化される話..... [Read More]

Tracked on November 09, 2005 at 11:05 AM

« 沖縄報告_普天間Photo03 | Main | 沖縄報告_高森報告会 »